去勢・避妊手術

猫の去勢・避妊手術

猫の去勢・避妊手術

猫の去勢・避妊手術の目的

①病気や感染症のリスクを軽減

オスの場合は、オス特有の病気である精巣腫瘍の予防になり、前立腺肥大などの発症率を抑えることができます。また、メスの場合は、メス特有の病気である子宮や卵巣の病気(子宮蓄膿症、子宮がん、子宮炎、卵巣がん、乳がん)の予防につながります。
さらに、オスはメスを求めて放浪することがなくなるので、ケンカをすることが少なくなりケンカによる感染症にかかる可能性も減少します。

②問題行動の抑制

去勢手術をすることで、性格も穏やかになる事が多くマーキング行為やメスを求めて外に出たり、攻撃性を抑制することができます。

猫の去勢・避妊手術のメリットとデメリット

オスの場合:メリット

・前立腺肥大や前立腺疾患などの病気を予防
・マーキング行動などの改善
・オス同士の喧嘩(攻撃性)の抑制

オスの場合:デメリット

ホルモンの影響から、太りやすくなる傾向があります。

メスの場合:メリット

・乳腺の腫瘍、子宮・卵巣などの病気の予防
・望まない妊娠を予防
・発情期のストレスを軽減

メスの場合:デメリット

ホルモンの影響から、太りやすくなる傾向があります。

去勢・避妊手術を受ける時期はいつがいいの?

オスの場合

はじめての発情を迎える前に手術を受けさせることが望ましいため、「6ヶ月~10ヶ月くらい」を目安におこなうことがベストです。避妊・去勢手術は全身麻酔をかける必要があるので、体調が良いときにおこないましょう。

メスの場合

性成熟を迎える少し前の「6ヶ月~12ヶ月くらい」がベストですが、メスの場合は特にはじめての発情前に避妊手術をおこなっておくと良いでしょう。

PAGE TOP