去勢・避妊手術

犬の去勢・避妊手術

犬の去勢・避妊手術

犬の去勢・避妊手術の目的

①病気を予防する

生殖器や性ホルモンの影響により発症する病気を予防することができます。
オスの場合は、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、前立腺疾患、精巣腫瘍など
メスの場合は子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、卵巣疾患など

②犬のストレスを減らす

ホルモンの分泌が安定し、発情期のイライラや他の犬との争いなどの攻撃行動が緩和されるほか、テリトリー意識によるマーキングが少なくなる場合もあります。

犬の去勢・避妊手術のメリットとデメリット

オスの場合:メリット

・精巣や前立腺の病気を予防
・発情期における精神的ストレスの緩和
・マーキング行動の減少
・オス同士の喧嘩(攻撃性)の低下

オスの場合:デメリット

去勢手術後はホルモンの変化により太りやすい傾向になるため、食事管理と適切な運動が必要です。
・免疫系疾患の発症リスクの増加

メスの場合:メリット

・乳腺の腫瘍、子宮・卵巣の病気を予防
・望まない妊娠を予防
・発情や妊娠による精神的ストレスの緩和

メスの場合:デメリット

避妊手術後はホルモンの変化により太りやすい傾向になるため、食事管理と適切な運動が必要です。
・免疫系疾患の発症リスクの増加

去勢・避妊手術を受ける時期はいつがいいの?

オスの場合

子犬から買い始めた場合は、生殖能力が成熟する前の「生後6ヶ月~1年未満」がベスト時期です。
また、1歳を過ぎた犬を飼い始めた場合は「できるだけ早く発情期が来る前に」手術をおこなってあげてください。

メスの場合

犬のメスは生後6~12ヶ月から、妊娠できるようになります。その前に避妊手術をおこなうことがベストです。

PAGE TOP